庖丁は桐生市錦町の鈴木とぎや刃物店

鋏(はさみ)庖丁(ほうちょう)刃物の研ぎはお任せ下さい!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

毎日新聞に掲載していただきました。

とっても嬉しいことに、
毎日新聞に掲載していただきました。


記者さんの刃物を実際に研がせて頂き、
その切れ味に大変喜んでいただいた結果、
取材をしていただけることになりました。


毎日新聞群馬版

本当に、ありがとうございましたぴかぴか
これからも頑張ります
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

「ぐんまおすすめサービス」の冊子ができました。

昨年11月に受賞した
「ぐんまおすすめサービス賞」の事業者が出ている、
県で発行している小冊子ができました。

当店も載せて頂いております。
内容は、こちらからも見られます。


県のホームページ
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

とっても久し振り・・・

なんだかバタバタしていて、全然更新できませんでした。
すみません。

「鈴木とぎや刃物店」のホームページも少し変わりましたので、
よかったら見てください。

http://www.suzuki-toigya.jp
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

今日の研ぎ(類は友を呼ぶ・・・?)

今日の研ぎは、包丁です。
「類は友を呼ぶ」といいますが、不思議なものですねぇ。

その日の最初に研ぎに来た刃物につられてか、
同じ種類が集まってきます。

この前は、糸きりの日、その前は、刺繍の日
面白いですね。

今日は、麺切り庖丁がやってきました。
桐生は、桐生川の水がおいしいこともあってか、
うどんやさんや、蕎麦屋さんが多いです。
特に、うどんは、ソースかつ丼と並んで、名物だとか・・・。

麺切り包丁の研ぎも多いですが、
一度に3つの麺切りが居合わすことは、珍しいですね。
麺切り庖丁

形は同じようでも、みんな、重さが違うんですよ。
33センチあると、かなり重いので、研ぐときは一苦労です汗

次は、菜切り庖丁
菜切り庖丁
一番左は、買ってから初めて研ぐ包丁
真ん中が、20年前に買った庖丁
一番右は、30年前ですって !?

こんなに細くなってしまってますが、
いいハガネが入っているので、まだ、大丈夫です。
いい物って、一生物ですねぇギザギザラッキー

鈴木とぎや刃物店ホームページtopへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

今日の研ぎ・・・ではないけれど、最近多い問い合わせについて

最近、問い合わせが来る中で、「手研ぎ」とか「機械」とか、すごくこだわるお客様に出会います。
が、私の経験からすると、どちらか一方では、
最高の切れ味にはならないと感じます。
先代達(父・祖父)もよく言っておりましたが、
今は、鋏の材質も様々、切る繊維も様々です。
鋏の内側は、しゃくれたように湾曲してます。
そこを、手研ぎだけで、平らに研いでしまうと、
切れなくなってしまいます。
その湾曲した部分の研ぎを「裏すき」といいますが、
鋏の切れ味は、「裏すき」がうまく出来るかどうかが命です。
もし、研ぎに出すときは、その「裏すき」をきちっとしてくれる
かどうか、お店の人に尋ねてみるのも、
失敗しないコツでしょう。

ちなみに、写真が「裏すき」をしているところです。
裏すき(鋏の内側の湾曲した部分を研いでいます)

「機械研ぎに出して、ダメにされちゃった」
と言う話も聞きますが、
多分、一般的に「機械研ぎ」というと、
「裏すき」をしないで、
刃先だけ固定して研ぐことを言うのでしょうかね?

手研ぎだけにこだわりすぎて、かえって、
ハガネを痛めてしまう人も多いようなので、気をつけてください。

私も、小さいときから、物づくりが好きで、
手芸もいろいろやります。
最近は、レザークラフトにはまってますムード
鋏は大事な道具ですものね、
鋏の寿命を少しでも延ばしてあげたいと思います。


鈴木とぎや刃物店ホームページTOPへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

捨てられない刃物・・・

よくお客様に聞かれるのですが、
庖丁は鋏などの刃物を捨てる方法がわからないと・・・ひやひや
この前も、「捨てたいけど、捨てられずにに
10年もしまったままになってるの汗」という
お客様がおりました(笑)
確かに、やたらゴミに出すのは、怖いですよね。唖然

そこで、当店では、ご家庭で眠っている刃物を
無料でお引取りしようと思います。ぴかぴか
今までも、引き取ってきましたが、
中には、「買わないと悪いかしら?」
「研ぎに出さないと悪いかしら?」
と気にしてくださる方もいるようで・・・

そんな事は気にせず、
捨てられずに困っている鋏や庖丁があったら
持ってきてみてください。ハサミ
無料でお引取りいたします。


鈴木とぎや刃物店ホームページTOPへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

今日の研ぎ(重傷の患者さん)糸きり鋏偏

この前は、刺繍鋏が多かったですが、今日は、縫製用の糸きり鋏が多い日でしたねぇ。刺繍鋏と比べて、バネがしっかりしていて、太目の糸でも楽に切れます。
布地を切り込むのに使う方もいるので、用途によって、ハガネの硬さや、バネの強さも様々です。研いでいても、実に、面白いですねぇ。
縫製用 糸切り鋏

今日は、たくさん来た糸きり鋏の中でも、重傷の患者さんを紹介しましょう。
人間で言うと、骨折でしょうか・・・

折れちゃったぁ!
ミシンで縫った部分をほぐすのに使っていた鋏だそうです。
短くなっても良いので、また先が使えるように、尖らせて欲しいというご要望でした。

折れちゃったのを直しました。

ご覧のように、折れた所まで詰めて、先を尖らせました。
これで、また、先の細かい作業も出来ると思います。
仕上がりを見て、お客様も喜んでくださいました。


鋏の先が折れてしまうと、あきらめてしまう方もいるようです。
でも、ハガネが入っている物でしたら、直るんですよ。
その分、短くはなってしまいますが、もし、あきらめている鋏があったら
是非、一度、お持ちください。

治療費はかかりますが、診察は無料です(笑)

鈴木とぎや刃物店ホームページ
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

今日の研ぎ(裁ちばさみと池坊)

今日は、昨日、東京から届いた鋏の研ぎを写してみました。
研ぐ前

お華をやっている方でしょうか・・
池坊という、華道用の鋏もとどきました。
サビもあり、一本は、刃が欠けてボロボロになってしまっていました。たらーっ

池坊 欠け直し

でもこの通り、サビも落とし、かけた部分も研ぎ直しました。
カシメ(ネジのような部分)も取り替えて、
新品のように、生まれ変わりました。ハサミ


研いだ後

鈴木とぎや刃物店トップページへ戻る
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

今日の研ぎ(刺繍鋏) 年季の入った刺繍はさみ達です

年季の入った刺繍鋏たち
今日は、不思議なことに「小ばさみ(握り鋏)」が多かったですね。
その中でも、かなり年季の入った、長老の方々を紹介しましょう。
人間も年を重ねると、骨をすり減らし、背が縮むってことありますが・・・たらーっ
やはり刃物そうですね。

この鋏は、小ばさみの中でも「刺繍鋏」と言って、とてもバネが柔らかく、
長時間の作業でも疲れにくいようにできてます。
ちなみに右下は、まだデビュー前?の新人君ぴかぴか
威風堂々と、立派な形をしております。
その他の中で、最年長は20年以上前に購入された物だそうです。
何度も研いで減ってきて、折れては先を詰めて直し、この形に・・・!
ここまで大事に使っていただいた お客様に感謝感謝です。
その感謝の気持ちを込めて、手入れをさせていただきました。
一部をご覧下さいおてんき

小ばさみ研ぎ1
職人の手の中で、活躍してきた鋏は、サビが出て疲れてしまったようです。
出来るだけ綺麗に落として、また頑張ってもらいましょう汗
小ばさみ研ぎ2
桐生ならではの「刺繍鋏」
京都のほうからも、注文が来たりします。
日本の伝統を守る職人のお役に立てて、光栄です。
ムード

鈴木とぎや刃物店トップページに戻る
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

今年も、研ぎをメインに頑張ります。

かどまつ謹賀新年鏡もち

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年も、「研ぎ」をメインに、お客様に喜んでいただけるサービスを
提供させていただきますので、よろしくお願いいたします。

新年は、4日より営業いたします。

当店のオリジナルホームページはこちらです。
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ