庖丁は桐生市錦町の鈴木とぎや刃物店

鋏(はさみ)庖丁(ほうちょう)刃物の研ぎはお任せ下さい!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

お客様のブログに感激!@鋏・庖丁の研ぎは鈴木とぎや刃物店

 先日、鳥取のお客様から鋏の研ぎが届きました。

さっそく研ぎの作業に入り、切れ味を確認し、返送させていただいたところ

仕上がりを見ていただいたお客様から、

想像以上の切れの良さで、理想とした切れ方だったので

驚きと同時に、今年3月に出した砥ぎはなんだったんだとため息です。

 

本当にありがとうございました。

で、もしご迷惑でなければ、ブログにて紹介させていただいてもよろしいでしょうか?

また、仕立てサイトのほうには、リンク貼らせてもらってもよろしいでしょうか?」

と、嬉しいメールを頂きました

ありがとうございます。

着物のお仕立ての職人さんでいらっしゃる、そのお客様の
ブログはこちらです。

http://blog.goo.ne.jp/shitateya-karin

 
また、お仕立てのホームページはこちらです。

http://shitateyakarin.web.fc2.com/


これからも、お客様の信頼を裏切らないよう、
腕を磨いていきます。

鈴木とぎや刃物店ホームページ
http://www.suzuki-togiya.jp



にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

デコっちゃってみました @ 鋏 包丁の研ぎは鈴木とぎや刃物店へ

 なんとなく思いついて、

握りばさみ(小ばさみ)をデコってみました。

こんな感じです                
デコ鋏
賛否両論 あるとは思いますが、      

なかなか面白いかと・・・

もちろん鋼(ハガネ)は良いものですので、

切れなくなれば研げますよ

表面もしっかりコーティングしてるので、         
錆(サビ)も出にくいと思います。

仕事用に向くかどうかは、お客様次第ですが、

ちょっとかわいいので、裁縫箱に入れておくのも

いいかも

鈴木とぎや刃物店のホームページは
   http://www.suzuki-togiya.jp

にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

恥ずかしい??  とんでもない!!@ハサミ 庖丁の研ぎは 鈴木とぎや刃物店へ

 先日、ある居酒屋さんに行った時、

刃物の話になりました。

「いつも自分で研いでるけど、長く切れないので

研いでもらおうかなぁ〜」

と、オーナーが話してくれました。

私は、「もちろん」っと、庖丁をあずかろうとしました。

すると、並びにいた、他のお客さんが、

「男が庖丁くらい研げなくて、どうする?

研ぎに出すなんて、恥ずかしいと思え!」と

言い出し、オーナーは、渋々、庖丁をしまってしまいました。

その人は、かなり酔っていたので、相手にしませんでしたが、

とても、ショックでした。

「いまだに、そう思っている人がいるのか?」っと・・・

うちは、おじいちゃんの代から、職人さんが庖丁を持ってきていました。

おじいちゃんに聞くと、

「庖丁や鋏だって、人間と一緒だよ。

普段の体調管理は、自分でするけど、

すこし、調子が悪く感じたら、重症になる前に医者にかかるんだよ。

体を大事に思えば、そうするのは当然だろ。

庖丁や、鋏も同じ。

いい職人ほど、道具を大事にする。

毎日の簡単な手入れは自分でするのはもちろんだけど、

みんなそれぞれ、研ぎに癖があったり、砥石がへこんでいる場合もある。

狂いが出る前に、研ぎに出して、いい状態を保てるようにするんだよ。」

っと、話してくれました。

ちなみに、おじいちゃんは、体より、研ぎを愛し、

亡くなる間際まで、現役で頑張りました。

私は、おじいちゃんから、そう教わっていたので、

男性の方が、庖丁や鋏を研ぎに持ってきても、

恥ずかしいなんて思ったことは、一度もないですし、

逆に、「この方は、道具を大事にしているんだなぁ」っと

思っています。

でも、その酔った方が言ってくれたおかげで、

まだまだ、そう思っている方がいるのかと、

勉強になりましたねぇ。

もし、今、研ぎに出すのが恥ずかしいと

ためらっている方がいるとしたら、

全然、恥ずかしいことなんてないので、

思い切って、出してみてください。


鈴木とぎや刃物店 ホームページ
  http://www.suzuki-togiya.jp

鈴木とぎや刃物店 メールアドレス
  admin@suzuki-togiya.jp






にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

アルミホイルで・・・ @ ハサミ 庖丁の研ぎは 鈴木とぎや刃物店へ

 最近、「いつも使っている

ハサミが切れないと、

お客様が、

ハサミの研ぎを持って来てくださいました。

話を伺うと・・・

ネットで、「切れなくなったハサミで、

アルミホイルを切ると切れ味が戻る」
って

書いてあったから、切ってみたら、

もっと切れなくなったって・・・


びっくりです

「そんなこと書いてあるんですかぁ?」って

調べてみたら、

書いてありました。

およよ・・・

2、3日したら、他のお客様も

同じ状態で、研ぎに持って来られました


まぁ、切る物にもよるのでしょうが、

できれば・・・


やらない方が、いいと思います


やってしまった場合は、

持ってきてください。

見違えるように、切れるようにりますから・・・

http://www.suzuki-togiya.jp

お問い合わせは
admin@suzuki-togiya.jp



にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

うちのママ・・・天然です(^_^;) @ ハサミ 庖丁の研ぎは鈴木とぎや刃物店へ

 久しぶりでございます。

今日は、刃物の話ではないのですが、

思わず笑ってしまう、

うちのママ「きみちゃん」のおなはし。

ずっと前に、「伊東家の食卓」で、ハンバーガーをキレイに

切る方法をやったの覚えてますか?

袋の上から、定規で押すと、きれいに切れるという・・・



今日、買ってきたパンを、ママさんと分けようと思い、

ふとその方法を思い出しました。

でも、それには、定規が必要で・・・

ママさんに、

「定規どこ〜?」って探してたら・・・



ママの一言・・・




「そんなに正確に測らなくてもいいよ・・・」



って!



えっ



もちろん測るつもりはなく、切るために探してただけで・・・



ママさんも、私も、お腹がよじれてしまいました。


結果、こんな感じに、切れに切れました


測ってないけどね


はんぶんこ


「天然きみちゃん」  めでたし・めでたし。



にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

鈴木とぎや刃物店のホームページはこちらから!

 ホームページのURLが変わりました!

こちらです

http://www.suzuki-togiya.jp


にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

嬉しい驚き!(*^_^*) @ ハサミ 庖丁の研ぎは 鈴木とぎや刃物店へ

久々のブログでございます・・
                                                


最近、嬉しいのは、海外在住の日本人の方から、
研ぎの依頼が増えてきたことですハサミ


                         
アメリカの方は、日本に里帰りの際に、         
庖丁を12本位まとめて研ぎに持ってきてくださいました。
「これで、来年まで大丈夫・・・」と喜んで下さいました。
アメリカには、庖丁を研いでくれるところがないって
おっしゃっていました。
少しずつ、日本の伝統の研ぎが広がると、嬉ですね。
   
先日は、スペインからお問い合わせがあり、   
1週間ほど、一時帰国するので、
日本に着いたら、宅急便で送りますが、
帰国前に、返送できますか?・・・とのこと。
もちろん、間に合うように仕上げて、
返送させていただきました!
 
                                                               

そのお客様によると、スペインにも鋏を扱う店は
あるものの、日本の物とは、全然違い、
とても、そこに研ぎに出す気にはなれない・・と。
どんな、お店なんだろうと、興味が湧きました。
いつか見に行きたいですな・・・(^_^;)

また、帰国の際には、よろしく・・・と、     
大変喜んでいただき、私も、とても嬉しくなりました。

海外で、切れない刃物で困っている方も多いんですね。

これから、広く浸透するよう、頑張っていきたいです。


もうすぐ、桜満開!
お花見が楽しみな今日このごろ・・・                


                                     
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

布きり鋏 ちょっと変わった形です @ 鋏 包丁 の研ぎは鈴木とぎや刃物店へ

続きを読む >>
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

今日の研ぎ  つづき・・・  切れ味はいかがかな?

続きを読む >>
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ

「ぺティナイフ」と「菜切り庖丁」

こちらは、「ぺティナイフ」と「菜切り包丁」
どちらも、全鋼(すべてハガネ)です。




やはり、ステンの物に比べて、切れ味は、とても良く、長く切れます。

ただ、ちょっと錆びやすいのが。。。汗

でも、大丈夫です。錆が浅いうちでしたら、研ぎと磨きで綺麗になりますよ。
ぺティの方は、全体に錆が浅かったので、とてもキレイに仕上がりました。
菜切りの方は、錆の深い部分が、
黒く変色して残ってしまいましたが、
赤い錆はキレイになって、切れ味は最高!ぴかぴか


ちなみに、こういう庖丁の場合、使った後に、
洗剤でよく汚れを落として、
湯沸かしなどの熱いお湯をかけて、
空ぶきすると、さびにくいですよ。

だからといって、火で炙るのは、絶対止めてくださいね。
焼きが戻って、切れなくなってしまいますので・・・。
お湯をかける際は、火傷に気をつけてください。


鈴木とぎや刃物店ホームページへ
にほんブログ村 地域生活ブログ 群馬情報へ